Friday, April 23, 2010

ある日の帰り道 / On the way home.


前を歩いてる女の人。

ひどいがに股で異様に大きなお尻。

本当におおきい。お腹や腕も太っているけど、お尻だけが異様に大きい。

この人はお尻に赤ちゃんがいる。双子だ。右と左に一人ずつ。

医者は中絶を勧めたが、勇敢にも彼女は断った。

夫は逃げていった。


A woman walking in front of me.

She is terribly bandy-legged and has weirdly big butt.

Really big. She has chubby arms and stomach, but still her butt is too big.

There are two babies inside her butt. One in the right butt cheek, one in the left.

A doctor recommended her abortion, but she courageously refused.

Her husband run away.


右を通り過ぎた不思議な歩き方のおじいさん。

やつは宇宙人だ。

おじいさんの体はのっとられた。

やつは8本の足を持っていて、4本ずつ右足と左足に入れようとした。

ジーンズをはくみたいに。

でも、間違えて右足に3本、左足に5本入れてしまった。

だから上手く歩けない。

おまけに左右交互に足を前へ出すのは困難だ。

やつはいま、夕飯のことを考えている。なんだかわからない、離乳食のような、食事のことを。


An old man just passed, he was walking in a strange way.

That was an alien.

The old man's body had taken over.

It has 8 legs, tried to put those legs inside old man's legs. 4 legs in each one.

Just like when you put on jeans.

But it made a mistake and put 3 legs in the left, and 5 legs in the right.

So that it can not walk in a proper way.

It is now thinking about dinner. About foods we never know, but looking like baby food.


あーあーあー。

とまらない。

とまらない。

とまらない。

言葉があふれ出す。あふれだす。


blah blah blah

can not stop.

can not stop.

can not stop.

Words overflow. Overflow.


先生が言ったの。今日は何も考えないことをしてみましょう。

いち、にっ、さんっ。

はい、考えるのをやめてー。

やめてー。

ほらね?考えるのをやめようって、考えてる!


Today, my teacher said,"Let's stop thinking today!"

"1, 2, 3, stop thinking! "

"Stop."

"See? You are thinking to stop thinking!"


シルバーの車に乗ったカップル。

男はひどい顔だ。目の上に毛虫がのってるの。

彼女はそこそこかわいくて、たのしそうだ。

男は話し続ける。止まらない止まらない。

彼女は楽しそうにしながら、ずれたTバックをどうやって直すか考えてる。

彼女は林檎ダイエット経験者。


A couple in a silver car.

The guy has horrible face. He has woolly worms on his eyebrows.

The girl is kind of cute and seems like she is having fun.

He keeps talking and talking. Non stop non stop.

She is pretending like having fun and actually thinking how to move her thong right back into the correct position.

She had tried plenty kinds of diets.


黒の車に乗った男は、

だれでも想像できることを想像してる。

つまらない男。


A man in a black car,

He is imagining things everyone can imagine.

A boring man.


占い師が言ったの、あなたは男を見下している。

あはは。


Fortune-teller told me that I look down on men.

HA HA HA


夏が来たら、日焼けして、髪を伸ばして、ぴったりした小さいTシャツに切りっぱなしのデニムのミニスカート。

麦わらで編んだバッグを肩から斜めがけにして。

おおきなサングラスと素足にビーチサンダルで炎天下を歩くの。


When summer comes, I will get tanned, grow my hair and wear tight small T-shirt and denim skirt.

I will lean straw bag on my shoulder,

wear big sunglasses and flip flop, I will walk under the scorching sun.


とまらないとまらないとまらない。


can't stop can't stop can't stop


みてよ、あのおばさん。

あの人、絶対に歯が真っ黄色だから。

顔を見ればわかるの。

みてて、もうすぐ笑うから・・・


Look at that old lady.

I bet her teeth are yellow. I swear.

I can see that by her face.

watch...she's gonna smile soon...


ほら!!アメリカ映画に出てくるホームレスの歯みたいに真っ黄色!!


See!! That's exactly like the teeth of homeless guys in American movies!!


わーわーわー

べらべらべらべら


ah ah ah

blah blah blah blah


いま、誰かが私をみて、ささやくの。

見てよあの子、ありもしないこと想像ばかりしてる。

ヘンな服、変な顔。


Now someone looks at me and whisper.

Look at that girl, always imagining strange things.

Strange outfit, strange face.


らららららららら


らららららららら


lalalalalalalala


lalalalalalalala



花の冠をかぶって、ピンクのふわふわのドレス。

芝生の上で踊るの。


I wear a garland and a pink frilly dress.

I dance on lawn.


シフォンの透けるドレスは何も隠さない。


The light chiffon dress hides nothing.


小さなの鹿がささやくの。

「てんとう虫、踏んだよ。」


Then a small deer whispers.

"You are stepping on a Ladybug."


黒の世界が私を覆う。真っ暗。真っ暗。


The dark world covers me. Black. So black.




バスが止まって、林檎が転がって、地面に足をつく。


A bus stops, an apple rolls over, and I put my feet on the ground.



信号をわたる。


Cross a street.


ぬれた犬の匂い。


Smells like a wet dog.


夕飯の匂い。


Smells like dinner.


黒猫にゅんごろ。


Black cat meow.


がちゃ、ばたん


Jiggle, slam.


「ただいまーー」


"I'm home"



今日のディナーはYUM YUM カレー。


Today's dinner is Yum Yum Curry.

No comments: